カテゴリー別アーカイブ: 子育て豆知識

子どもと言葉と体験と

算数の文章題を読んで絵が描けない時、理由はいろいろあるのですが、その中のひとつに

「言葉の意味がわからない」

ということがあります。

「言葉の意味がわからない」も、具体的にみていくとさらに色々あります。

実は、面倒くさくて考えたくないから「わからない」と言ってるだけ、ということも多々あります。

そういう場合はさておき、本当に「言葉の意味がわからない」場合、

1)体験していない

2)体験はしているが、言葉とつながっていない

3)その子にとって抽象度が高くて、まだ消化できない

の3つが、よくある理由です。

例えば「同じ数ずつわける」という文章で考えてみます。

そもそも、兄弟や友達と、食べ物や石ころなどを何度もわける経験をしていない子は、口でいくら説明されても、目の前で実際にわける作業をしてみせられても、なかなかピンときません。

自分が主体的に関わって経験していない限り、瞬間的に納得できるようには、なかなかならないものです。

一方で、体験は何度もしているけれど、「同じ数ずつわける」という言葉とつながっていない場合。

こちらは、状況を説明されたり、目の前でこういうことだよ、と示されたりすると、「あぁ~!」と、一瞬でつながることもあります。

が、こちらの場合もやはり、体験とセットで言葉を意識する、ということを繰り返さないと、納得できないこともあります。

抽象度が高い言葉の場合は、特にその傾向が強いように感じます。

「ずつ」という言葉は、幼い子どもには抽象度が高い言葉なのですが、体験するたびに耳にしている子は、迷いなくすっと使えたりもします。

毎日の生活を、ゆっくり、丁寧に、言葉をそえながら、体験していく。

そういう何気ない時間が、子どもの学力のベースになっているものだなぁと感じます。

ここで一つ補足しておくと、子どもの成熟度合いには非常に大きな差がありますので(特に低学年)、わかならい言葉があることが問題なわけではありません。

抽象度の高い言葉は特に、心配しなくても機が熟せばわかる、ということもよくあります。

「わからない言葉」があると気づいた時、

その場でプリント片手にこんこんと教え込もうとするよりも、

日常にその体験と言葉を紛れ込ませる工夫をしたほうが、

ずっと効果的ですよ

というお話でした。


脳トレに関する脳科学者の見解

脳トレブーム。

計算や音読で脳を活性化!というあれです。

トンデモ科学系の話として、もう終わったもの、という印象だったのですが、そうでもないのでしょうか?

どんぐり倶楽部のブログ
で紹介されていた動画がおもしろかったので、こちらでも紹介します。

脳ブームは間違いだらけ?前編

脳ブームは間違いだらけ?後編

お時間ある方は見てもらうとよいのですが、忙しい方のために内容も少し書いてておきますね。

叫び 脳が活動すること(いわゆる活性化)と、脳の機能があがること(賢くなること)は別。

叫び 活性化自体が、計算の効果か、手や眼を動かすことの効果か、も分析されていない。

叫び 活性化=ある特定の脳部位の血流が増えること、でしかない。

というあたりは、よく言われる話ですね。

笑えたのは

認知症の治療に効果的と言われているけれど、実はその研究レポートに

実験でドリルをやった方のグループは、

毎日、スタッフと話をしていたので、それが認知機能、特にコミュニケーション能力向上の原因かもしれない

と、はっきり書かれている、というくだり。

それで、ドリル自体の効果なんて測れるわけないんじゃ…


「~しなさい」と言わずにさせる方法

大村はまさんの『日本の教師に伝えたいこと』という本を読みました。

示唆に富む内容でとても勉強になる本です。特に心に残った部分を要約して書きますね。

~~~~~~~~~~~~~(要約始)~~~~~~~~~~~~~~

教えるということのプロである教師が、安易に「~しなさい」と言ってはいけない。「~しなさい」と言わずに、自然と子どもにそうさせてしまうのが優れた教師である。 

~~~~~~~~~~~~~(要約終)~~~~~~~~~~~~~~

教師としてはもちろん、親としても参考になる話だと感じました。

子どもに心底してほしいことを「~しなさい」と言って、子どもが「はい、じゃぁします」と、上手くいくことは滅多にありません。

形式的、表面的に、なら、子どもが言われたことを、きちんとやっているように見えることはあると思います。

でもその時、大人が子どもに「本当にしてほしいこと」と「子どもがやっていること」がイコールでないことは多いものです。

よくある例でいえば、大人が子どもに「勉強しなさい」と言う時、望んでいるのは勉強内容を理解し自分のものにすることでしょうに、子どもがやっているのは「考えないでマスを埋めること」な場合があります。

それでは大人も子どもも不幸です。

では、どうしたらよいのでしょうか?

方法はいろいろあると思いますが、ちょうどタイムリーな記事が虹色教室ブログに掲載されていたので紹介しますね。

ブロック講座 7日目  子どもがよく考えるようになる関わり方のポイント 1

ブロック講座 7日目  子どもがよく考えるようになる関わり方のポイント 2

ブロック講座 7日目  子どもがよく考えるようになる関わり方のポイント 3

一言で言うなら「手本を見せる」ということなのですが、「子どもが必要としている時に」手本を見せる重要性がよくわかります。

そして、手本を見せたり、あるべき姿を見せる前に、子どもを理解することがいかに大切かがわかります。

「見る見るよく見るじっと見る」というのはどんぐり倶楽部の標語?のようなもので、問題をどう解いたらいいか分からない時、自分が描いた絵に対してすることです。

大人が子どもと関わる時に必要なこと、でもありますね。


子どもが楽しく「お片づけ」をする方法

子どものお片づけ。

苦労するご家庭も多いのではないでしょうか?

我が子も、やる時とやらない時があります。

私が子どもの頃に比べれば、ものすごく片づけ上手で熱心なのですけど。

大抵は自分でさっさと片づけるし、息子のスペースのほうが私のより片づいている気もしますあせる

それでもやっぱり、気が乗らないというか、やりたがらない時もあります。

こういう時、どうしましょうか?

お片づけに関する工夫はいろいろな本に載っているし、私もいろいろ試してみました。

モンテッソーリ的な観点で言えば

・ 定位置を決める 

・ どこに何を入れればよいのか、子どもが迷わないでよいよう目印をつける

といったことがあります。

これは本当に効果あり、なので、やっていない方は試してみてくださいね。

今日ご紹介するのは、それでもなんか今はやりたくない~、手伝って~、と子どもが言う時の対処方法です。

個人的には、そういう場合は手伝ってあげるのもありだと思っていますが、こちらも手が離せない時や、お出かけ前でばたばたしてる時なんかは困りますよね。

で、最近開発した技が 間違い探しビックリマーク

片づける場所が決まっている、ということは、床の上に積み木がでているといった状態で、お外に行くのは「間違い」なわけです。

そこで、「片づけて」と言う代わりに

「間違い探ししよっか?」

と言う方法です。

「この部屋何か変だよね~。今日の”間違い探し”の間違いは4つです。全部見つけられるかな~?」

とか言うと、しぶっていた子どもの目がきらっと輝いて

「どこ?どこ?あっ、見つけた音譜

と、喜んでお片づけしてくれることがあります。

本で間違い探しを楽しんでやる時期の子どもなら、楽しめるかも?

リアル間違い探し、お試しください。