カテゴリー別アーカイブ: 教育

どんぐり倶楽部の環境設定理論は正しいの?

保護者が環境設定に賛同できない パターン2の続きです。

「で、結局、どんぐり倶楽部の環境設定理論は正しいの?」
というのが、みなさん気になるところだと思います。

それに対する私の考えは

傾向としては正しいので、多くの大人に知ってほしい

と同時に

「こうしたらこうなる」という絶対的な指標として妄信はしないでほしい

というものです。

傾向として正しいというのは

ヒトは
・じっくり味わって体験する時間が短いと、感情や思考力が育ちにくい

・意味のわからない事をさせられ続けると、精神を痛める傾向にある

・やりたくない事を強制され続けると、精神を痛める傾向にある

・管理されすぎると、受け身になりやすい

・速さを求められると、考えなくなる傾向にある

・単純な繰り返しばかりしていると、考えなくなる傾向にある

・「唯一の正解」があると感じる時間が長いほど、考えなくなる傾向にある

・受け身な時間が長いほど、考えなくなる傾向にある

といったことです。

思考力に関していえば、そのヒトがバカだから考えない、のではありません。

むしろ賢くて素直だから、環境に適応した結果、「考えない」で「覚える」ことが最善だと、無意識にしろ判断しているのです。目標が学歴の取得だけなら、記憶力の特別良い人の場合、この判断はある意味正解です。が、丸暗記が得意でない人の場合、受験のためだけとしても間違った判断です。一生涯という視点でみれば、記憶力の良し悪しに関わらず、賢明な判断とは限りません。

だから、

子どもに「速く、正確に」を求めるのは危険です。

計算ドリル、漢字ドリルなどの、徹底反復は危険です。

習い事などが多く自由時間が少ないのは危険です。

ゲームやテレビ漬けの生活は危険です。

子どもが、良くない態度をとるな、とか、なんだか「考えない習慣」を身につけているな、と感じるなら、子どもに原因を求めるのではなく、環境を整えようとしてほしいと思います。特に、一般的に良いとされている「学習」や「習得」が、マイナスの影響を及ぼしている可能性は、真剣に検討してください。

通常考えられているよりも、子どもはいろんな刺激に敏感だし、大人が「それくらい」と感じる内容や量でも、大きな影響を受ける子は多いです。

とはいえ

「危険」というのは、少しでもやったら、すべての子どもがダメになるといった単純なコトでもないわけです。モノゴトに対する適性、適量、適量を超えた場合の耐性には個人差があります。

ですから、絶対的な指標とは思わず、目の前のその子にとって、どういう状態が良いのか?という目でみてください。

・お友達の○○君は平気だから、うちの子も大丈夫だろう

・上の子には良かったから、下の子にもあっているだろう

・世界で活躍している○○さんが、子どもの時にやっていたことだから良いに違いない

という判断はまったくあてになりません。

また、

・うちの子は△△でこんなに悪影響を受けたのだから、もっとやってる子どもはダメにされているに違いない

といった決めつけもしないでほしいと思っています。


「オデッセイ」に想う学ぶ事の意味

映画「オデッセイ」、すごく良かったです。
知識と工夫、そしてユーモア。

全部揃うとうまれる、逆境でも諦めない力。

そんな力を持った仲間たちが力を合わせれば、奇跡のような事だって実現するかも?!
知識は、本来

人にひけらかすためでも

テストで人に勝つためでもなく

こういう風に、役にたてるためにあるんですよね。


小学生の計算スピードが速くなくていい理由

小学校で計算問題を解く時に、タイムを計る。

私たちが子どもの頃にはあまりなかった風景だと思うのですが、最近はかなり多くの学校で見られますね。

よくない傾向だと思います。

あまりに計算が遅い場合は、数のイメージができていない可能性があるので、もちろん対応が必要ですが、その場合、急がせてなんとかなるという問題ではなく、イメージが伴うように個別の手助けをするほうが有効です。

イメージを伴って普通のペースで計算ができている場合、タイムを意識させることはデメリットのほうが大きいと感じています。

デメリットその1
叫び 速いことがいいことだと思い込む⇒瞬間的に解けない問題を嫌がる。

計算は速く、考える問題ではじっくり、というのは一見理想的に思えるし、実際そのようにできるお子さんも皆無ではないのかもしれませんが、普通の子どもにとってはかなり難しい注文です。

どんぐり問題のような考える問題を前にすると、泣いたり怒ったりする子どもが多いのは、速く正解を出すことを、日々要求されていることと無関係とは思えません。

デメリットその2
叫びおっとりした子は、計算が遅いから自分は算数が苦手だと思い込む。

これもとても残念なことで、計算のやり方も分かっていて、スピードも心配するような状態ではないお子さんが、自分は算数が得意ではない、と言ったりするのです。

全員がどれだけ頑張っても、速度というのは明確にランクづけされてしまいます。

上位の子ども以外は、自分はイマイチなんだなと感じても不思議はありません。

不要な速さを求めたり、競わせたりするのは、算数嫌いを作る一因ではないでしょうか?

では、本当に速さは不要なの?という点ですが、不要です。

速さが必要だとしたら受験の時ですね。

入試で計算が遅いと不利ではないのか?というのが、親御さんが最も心配される点かと思います。

中学受験の問題には精通していませんし、中学受験をよいものとは思っていないので、ここでは、ほぼすべての子どもが通過する高校入試メインでお話します。

※どんぐり倶楽部方式だと、中学受験をする場合も受験のための勉強は基本的に6年夏からです。

高校の入試問題は、計算の速度で合否が決まるような内容ではありません。

計算の正確さは必要ですが、速さについては極端に遅くなければ充分です。

それに、小学生の時点で多少ゆっくりだとしても、中学生になってから一定期間訓練すれば、一気に速くなります。

計算などの基礎的な問題は受験期にはみなできるようになってきますし、そこではあまり差がつきません。

しいていえばケアレスミスを連発する子はマイナス方向に差がつきますが、慌てて解く習慣がケアレスミスを増やすことはあっても減らすことは少ないです。

一方、入試で差がつくのは文章問題や図形の複合問題などの考える問題ですが、そういった問題に取り組む姿勢は、簡単には身につきません。

計算部分で時間が稼げたとしても、残りの思考問題がお手上げ…な場合、どれだけ時間があっても意味がありません。

一見分からない問題を解きほぐしていくような、思考訓練こそが必要なのに、計算速度にこだわるのはどうしてなのでしょう。

後から短期間で身につけられること(計算速度UP)を強化するために、習得に時間がかかること(思考問題)を苦手にしてしまっては、本末転倒です。

ぜひご家庭では「ゆっくりでいいのよ~」と、お母さんが言ってあげてくださいね。


子どもに必要な手助けの適量

虹色教室のブログに

親心がきちんと発揮できる状態(おとな心が立つ)にあると、ちょうどいい子どもへの手助けが判断できる

という記事があがっていました。

詳細は、ぜひ記事全文を読んでほしいのですが

クローバー 手助けよりも共感

クローバー 助けるのは必要最小限で

といった内容です。

成長途上にある子どもを、どこまで手助けをするのか?

は、とても重要です。

100%助けるのでも、100%突き放すのでもなく、必要な時だけサポートしてくれる頼れる存在があれば、子どもも安心して物事にチャレンジできます。

会社をイメージしてみてください。

大切な仕事でもかなりの部分を部下にまかせ、大きなトラブルがあった時は、自分が矢面にたって責任をとり、サポートしてくれる人が上司の場合、部下は全力で仕事に取り組み、失敗も糧にして成長していきますよね。

これが逆に、細かく指示を出すけれど、いざ部下が失敗した時は、すべて部下の責任とばかりに責める人が上司では、部下は萎縮してしまって、無難な方法や、とにかく大きな失敗なく、万一失敗しても上司の責任にできる方法ばかりを探すようになりがちです。

子どもも大人もその辺りの心の動きは似ています。

近所の子どもたちが転んだり何かがうまくいかなくて困っている時は、痛みや辛さに共感した上で助けはいるのか?なるべく尋ねるようにしているのですが、

そうすると、「大丈夫」という返事が返ってきて、自分でなんとかしようとする場合が、圧倒的に多いです。

転んで泣きそうだった子も、自分で立ち上がって、にっこり笑ってかけていく、なんてこともよくあります。

子どもって強いんだなぁ~と感じる瞬間です。

基本は子どもにまかせて、ここにいるよ~、困った時は助けられるよ~、と見守っていきたいものですね。


筆算と暗算、どちらがいいの?

計算は算数・数学の一番大切なポイントではないけれど、計算しないと解けないのもまた事実。

では、計算する時は、 筆算がいいの?暗算がいいの? というお話。

どんぐり倶楽部は筆算派ですね。

どんな計算も十の補数(後いくつで10になる?)と九九さえわかっていれば、筆算で解けるのだから、やらなくてよい高速暗算練習などはかえって害になるから小学生にさせてはいけない。

もう少し深い意味づけもあるのですがそれはさておき、基本の考え方はそうです。

一方、算数力・数学力UPのためには、機械的な筆算だけしていては、数を体感することができないから、積極的に暗算をすべきである、という意見もあります。

迷いますよね。

lこれは、どちらもある意味正しいのです。

まず、暗算と一口に言っても、中身はさまざま。

ひたすらたくさん計算して答えが反射的に出るまで「数字で」丸暗記せよ、的な暗算はやめたほうがよいですす。

※10の補数と九九は別です。反射的に出るまで練習します。

頭の中で計算する、数のかたまりを意識して工夫する、といった暗算に限定してお話しますね。

筆算というのは、機械的な作業です。

正しい手順をふめば必ず正解がでます。

一方、暗算は?

こちらも、もちろん、正しく計算できれば正解が出るのですが、ワーキングメモリ(一時記憶)が要されます。

37+48=

といった計算で、

例えば、

30+40=70

の「70」を一時的に記憶にとどめておいて

7+8=15

の「15」と先ほど記憶した「70」をさらに足す、といった作業を頭の中でやるわけです。

これは、小学生、特に低学年の子どもにとっては「ちょっと大変」な場合があります。

だったら、このワーキングメモリの役割を紙にさせてしまえば(筆算)、つらくなく計算ができます。

無理に暗算する必要はありません。

 

また、筆算は「正しい手順でやれば」必ず正解する、

とはいえ、この「正しい手順」が身につくまでに、苦労する子どももいます。

まずは筆算を理解し、確実に使えるようにする。

どれだけ桁が大きくなっても正解が出せる方法をマスターしておくのは、大切なことです。

 

では、暗算は絶対ダメなのか?というと、そうともいえなくて、確かに工夫して暗算することは数の感覚を育てます。

自ら工夫して暗算する子どももいますね。

上の計算でいえば

「48はあと2で50だから、37から2もらって48を50にして、37-2=35だから、50+35で85」

としている子に、「暗算はダメだから筆算を書きなさい」というのも、ナンセンスだと思うのです。

余談ですが、こういう工夫を自分でする子は面倒くさがりに多い。

「面倒だから楽するために工夫する」というのは、理想的な思考練習で、こういう芽は潰してはいけません。

一方、「面倒だから楽する方法を教えて!」という、姿勢は、全く逆の思考停止状態なので、「教えません」ということも大切だと思います。

話を整理します。

 

「筆算」

誰でもできるようになるし、できないのは困るのできちんと身につけておく。

 

「暗算」

筆算ができた上で、できるようになれば、有力なツールだが

暗算ができなければ算数・数学ができないわけではないので、無理にさせる必要はなし。

子どもが自ら工夫して暗算を使っているのを止める必要もなし。

 

というのが、やまぼうしの考え方です。

 

 

暗算派で、計算間違いが多い場合は、筆算指導しますけどね…(;^_^A