カテゴリー別アーカイブ: 教育

どんぐり倶楽部の環境設定理論は正しいの?

保護者が環境設定に賛同できない パターン2の続きです。

「で、結局、どんぐり倶楽部の環境設定理論は正しいの?」
というのが、みなさん気になるところだと思います。

それに対する私の考えは

傾向としては正しいので、多くの大人に知ってほしい

と同時に

「こうしたらこうなる」という絶対的な指標として妄信はしないでほしい

というものです。

傾向として正しいというのは

ヒトは
・じっくり味わって体験する時間が短いと、感情や思考力が育ちにくい

・意味のわからない事をさせられ続けると、精神を痛める傾向にある

・やりたくない事を強制され続けると、精神を痛める傾向にある

・管理されすぎると、受け身になりやすい

・速さを求められると、考えなくなる傾向にある

・単純な繰り返しばかりしていると、考えなくなる傾向にある

・「唯一の正解」があると感じる時間が長いほど、考えなくなる傾向にある

・受け身な時間が長いほど、考えなくなる傾向にある

といったことです。

思考力に関していえば、そのヒトがバカだから考えない、のではありません。

むしろ賢くて素直だから、環境に適応した結果、「考えない」で「覚える」ことが最善だと、無意識にしろ判断しているのです。目標が学歴の取得だけなら、記憶力の特別良い人の場合、この判断はある意味正解です。が、丸暗記が得意でない人の場合、受験のためだけとしても間違った判断です。一生涯という視点でみれば、記憶力の良し悪しに関わらず、賢明な判断とは限りません。

だから、

子どもに「速く、正確に」を求めるのは危険です。

計算ドリル、漢字ドリルなどの、徹底反復は危険です。

習い事などが多く自由時間が少ないのは危険です。

ゲームやテレビ漬けの生活は危険です。

子どもが、良くない態度をとるな、とか、なんだか「考えない習慣」を身につけているな、と感じるなら、子どもに原因を求めるのではなく、環境を整えようとしてほしいと思います。特に、一般的に良いとされている「学習」や「習得」が、マイナスの影響を及ぼしている可能性は、真剣に検討してください。

通常考えられているよりも、子どもはいろんな刺激に敏感だし、大人が「それくらい」と感じる内容や量でも、大きな影響を受ける子は多いです。

とはいえ

「危険」というのは、少しでもやったら、すべての子どもがダメになるといった単純なコトでもないわけです。モノゴトに対する適性、適量、適量を超えた場合の耐性には個人差があります。

ですから、絶対的な指標とは思わず、目の前のその子にとって、どういう状態が良いのか?という目でみてください。

・お友達の○○君は平気だから、うちの子も大丈夫だろう

・上の子には良かったから、下の子にもあっているだろう

・世界で活躍している○○さんが、子どもの時にやっていたことだから良いに違いない

という判断はまったくあてになりません。

また、

・うちの子は△△でこんなに悪影響を受けたのだから、もっとやってる子どもはダメにされているに違いない

といった決めつけもしないでほしいと思っています。


「オデッセイ」に想う学ぶ事の意味

映画「オデッセイ」、すごく良かったです。
知識と工夫、そしてユーモア。

全部揃うとうまれる、逆境でも諦めない力。

そんな力を持った仲間たちが力を合わせれば、奇跡のような事だって実現するかも?!
知識は、本来

人にひけらかすためでも

テストで人に勝つためでもなく

こういう風に、役にたてるためにあるんですよね。


脳トレに関する脳科学者の見解

脳トレブーム。

計算や音読で脳を活性化!というあれです。

トンデモ科学系の話として、もう終わったもの、という印象だったのですが、そうでもないのでしょうか?

どんぐり倶楽部のブログ
で紹介されていた動画がおもしろかったので、こちらでも紹介します。

脳ブームは間違いだらけ?前編

脳ブームは間違いだらけ?後編

お時間ある方は見てもらうとよいのですが、忙しい方のために内容も少し書いてておきますね。

叫び 脳が活動すること(いわゆる活性化)と、脳の機能があがること(賢くなること)は別。

叫び 活性化自体が、計算の効果か、手や眼を動かすことの効果か、も分析されていない。

叫び 活性化=ある特定の脳部位の血流が増えること、でしかない。

というあたりは、よく言われる話ですね。

笑えたのは

認知症の治療に効果的と言われているけれど、実はその研究レポートに

実験でドリルをやった方のグループは、

毎日、スタッフと話をしていたので、それが認知機能、特にコミュニケーション能力向上の原因かもしれない

と、はっきり書かれている、というくだり。

それで、ドリル自体の効果なんて測れるわけないんじゃ…


学習習慣よりも学習意欲

下記ふたつのブログ記事を読んでいて、「そういえば…」と思うところがあったので記事にしますね。

教育の問題?~就職難なのか人材不足なのか?~e-子育て.comのスタッフブログ

教育虐待 ~Gフォレスト新松戸校ブログ

小学生低学年から机に向かう習慣をつけるのが大切。

よく言われることですが、本当でしょうか?

一定の真実を含んでいるけれど、それだけ見てると痛い目にあう

というのが私の考えです。

確かに、まったく家で勉強などしたことのない子が、学年が進んで家庭学習をしないと困る状況に陥った時に、家で勉強をする、という部分から苦労するだろう、というのは想像できます。

では、小さいうちから、嫌々でもなんでも、机にむかってプリントをとく時間を設ければよいのでしょうか?

これも違うと思うのです。

だって、嫌々ですよ。

いくら習慣づいたところで、機会があればやめたいと思うのが人情ではないでしょうか。

だから、大学はいったら勉強しない、社会人になったら勉強しない、という人がどんどん増えてしまうのです。

しかも、嫌々やってることって、ものすごく身につきにくい、という点からしてもよくありませんよね。

「勉強嫌い~」と言う子どもたちが、ポケモンのキャラクターについては、誰に頼まれたわけでもないのに、あれほど熱く詳しく語れる理由は、「好きだから」ですよね。

好き、とか、やりたい、という意欲を潰さず育てることのほうが、ずっと大切だと思うのです。

学校の勉強をスタートした段階で「嫌だなぁ~」という気持があるのは、現在の学校教育上、ある意味仕方がないかもしれません。

でも、周りの大人は、ただひたすら「テスト(受験)のために」「嫌でもやれ」と強要するのではなく、「やってみたらおもしろかった」とか、「勉強って役にたつんだ」という気持を育てることに力を注いだほうが有益だと思うのです。

小さいうちは「楽しい」をメインにするほうが、妙な特権意識を持ったり、頭でっかちになることを防げるかもしれません。

子どもが机に向かっていたら安心、ではなく、むしろ、楽しく学べる環境整備ができていたら(あんまり机に向かってなくても)安心。

先の例で、大きくなってから突然机に向かうのは大変だろうと書きましたが、それでも本人に心からの意欲、○○になりたいなどの動機があれば、できるようになるでしょう。

逆に、机に向かう習慣だけがあったところで、全くやる気を失ってしまった子どもに学習させることは不可能です。

大抵の子どもはその中間にいるのでなんとなく見過ごされてしまうのですが、できるだけ意欲主体の学習に近づくよう、心がけたいものですね。


小学生の計算スピードが速くなくていい理由

小学校で計算問題を解く時に、タイムを計る。

私たちが子どもの頃にはあまりなかった風景だと思うのですが、最近はかなり多くの学校で見られますね。

よくない傾向だと思います。

あまりに計算が遅い場合は、数のイメージができていない可能性があるので、もちろん対応が必要ですが、その場合、急がせてなんとかなるという問題ではなく、イメージが伴うように個別の手助けをするほうが有効です。

イメージを伴って普通のペースで計算ができている場合、タイムを意識させることはデメリットのほうが大きいと感じています。

デメリットその1
叫び 速いことがいいことだと思い込む⇒瞬間的に解けない問題を嫌がる。

計算は速く、考える問題ではじっくり、というのは一見理想的に思えるし、実際そのようにできるお子さんも皆無ではないのかもしれませんが、普通の子どもにとってはかなり難しい注文です。

どんぐり問題のような考える問題を前にすると、泣いたり怒ったりする子どもが多いのは、速く正解を出すことを、日々要求されていることと無関係とは思えません。

デメリットその2
叫びおっとりした子は、計算が遅いから自分は算数が苦手だと思い込む。

これもとても残念なことで、計算のやり方も分かっていて、スピードも心配するような状態ではないお子さんが、自分は算数が得意ではない、と言ったりするのです。

全員がどれだけ頑張っても、速度というのは明確にランクづけされてしまいます。

上位の子ども以外は、自分はイマイチなんだなと感じても不思議はありません。

不要な速さを求めたり、競わせたりするのは、算数嫌いを作る一因ではないでしょうか?

では、本当に速さは不要なの?という点ですが、不要です。

速さが必要だとしたら受験の時ですね。

入試で計算が遅いと不利ではないのか?というのが、親御さんが最も心配される点かと思います。

中学受験の問題には精通していませんし、中学受験をよいものとは思っていないので、ここでは、ほぼすべての子どもが通過する高校入試メインでお話します。

高校の入試問題は、計算の速度で合否が決まるような内容ではありません。

※どんぐり倶楽部方式だと、中学受験をする場合も受験のための勉強は基本的に6年夏からです。

計算の正確さは必要ですが、速さについては極端に遅くなければ充分です。

それに、小学生の時点で多少ゆっくりだとしても、中学生になってから一定期間訓練すれば、一気に速くなります。

計算などの基礎的な問題は受験期にはみなできるようになってきますし、そこではあまり差がつきません。

しいていえばケアレスミスを連発する子はマイナス方向に差がつきますが、慌てて解く習慣がケアレスミスを増やすことはあっても減らすことは少ないです。

一方、入試で差がつくのは文章問題や図形の複合問題などの考える問題ですが、そういった問題に取り組む姿勢は、簡単には身につきません。

計算部分で時間が稼げたとしても、残りの思考問題がお手上げ…な場合、どれだけ時間があっても意味がありません。

一見分からない問題を解きほぐしていくような、思考訓練こそが必要なのに、計算速度にこだわるのはどうしてなのでしょう。

後から短期間で身につけられること(計算速度UP)を強化するために、習得に時間がかかること(思考問題)を苦手にしてしまっては、本末転倒です。

ぜひご家庭では「ゆっくりでいいのよ~」と、お母さんが言ってあげてくださいね。

特に急がせることの悪影響が多きい小学校低学年のお子さんの場合、先生の価値観よりお母さんの価値観に強く影響を受けますから。