金環日食 と 雲フィルター

金環日食はいかがでしたか?

かなりくっきり見えた地域、あまり見えなかった地域、いろいろだったようですね。

この辺りはというと、微妙な観測条件でしたが、通りのご家族ほとんど総出で楽しいイベントとなりました。

日食開始時は晴れで、日食グラス大活躍音譜

以後、厚い雲がたれこめ、ほとんど見えない時間が続くガーン

でも、金環最大前後になると雲に切れ間が出始め、ちらほらと見えるように。

「おぉ~出た~」「あぁ~消えた~」と、みんなでわいわいがやがや。

太陽に雲がかぶっているので、日食グラスごしだと何も見えません。

おかげで、肉眼で見えたうえに、何の装備もないカメラで写真まで撮れましたよ。

雲フィルター恐るべし目

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

金環の時はほんとに一瞬ちらって感じで写真までは撮れませんでしたが、完全に環になっている時も肉眼ではかろうじて見えましたニコニコ

その後、だんだん晴れてきて、再び日食グラス大活躍音譜

食が終わるまで、時々のぞいて楽しみました。

AM8:55には、もうほぼ真丸に見えましたね。

ピンホールを通しての観察は、残念ながら「よく分からないね~」で終わりました。

食の始めや終わり頃はピンホールでは微妙な違いにしかならなくて、真剣に見ても???状態。

食が進んでわかりやすい時点では、雲の切れ間で、影ができるほどの光が届かなかったのですあせる

いろいろあった日食観測でしたが、我が家はみな大満足。

予想通りにいかないのも、いろんな意味で良かったなぁと。

息子の小学校は通学時間を1時間遅らせてくれたので、子どもたちもかなりゆっくり観察できていました。

こういう配慮はとてもありがたいです。

次の天体お楽しみは6月4日の部分月食。

今年は他にもいろいろな現象があるそうで、星や宇宙が好きな子にはお楽しみ盛りだくさんですね☆


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA