月別アーカイブ: 2009年8月

スクーリングを終えて

8日間のスクーリングを終えて、日曜日に帰ってきました。

後半、少し体調を崩したりもしましたが、かなり充実の内容でした。

本当に行って良かった!

素敵な方ともたくさん知り合えて、いろんなことを教えていただきました。

さまざまな立場の方が参加されており、講師の方のおひとりは私が目指すところのものを実際にやられていて、現場でのためになるお話もたくさん聞くことができました。

夢がとても明確になり、方向性がぐんと定まりました。

モンテッソーリ教育、いいです。

日本では幼児教育という印象ですが、海外では小学校はもちろんのこと大学まであるそうです。

そもそも、

自分で選んだ何かを夢中でやりとげることによって、心の状態がよくなる

という、モンテッソーリ教育の基本って、子どもだけでなく大人にもあてはまることですよね。

私がひっかかっていたことのほとんどは、モンテッソーリ教育の問題点というより、モンテッソーリ教育を実践されている方の解釈の問題ということが分かりました。

モンテッソーリ教育、といっても、実施園によって、細かい部分ではかなりの差があるようです。

良いと思う部分を参考に、最終的には、各人が考えて最良と思える方法を模索していくことが重要ですね。

モンテッソーリ教育を、完成したメソッドとしてとらえるのではなく、まだまだ進化する教育方法として、常に自分の頭で考えながら取り入れていくことにしました。

そうそう、元々の目標だった提示も、スクーリング前と比べればずいぶん腕をあげました♪

まだまだ、覚えることは山盛りですが、とても楽しく学べています。

※逸脱、正常化、という言葉は、ごく普通にみなさん話されてましたが、「あの言葉はとても嫌だ」という方もやはりみえて、私はこれらの表現は使わないよう心がけます。


初スクーリング

モンテッソーリ教師養成の通信講座には、年に一回のスクーリングがあります。

そんなわけで、明日から次の日曜まで、留守にします。

スクーリングの間は、ブログはお休み

がっつり学んできます。

モンテッソーリ教育で最も興味のある「提示」。

これを美しく実践できるようになるのが、今回の目標です。

「見てなんぼ」な部分も多いとは思いますが、文章でお伝えできることがあれば

帰ってきてからご報告しますね。